平戸に登場「令和の按針」

 長崎県平戸市の新しい国際交流員でオランダ出身のパコ・セクレーブさん(24)は日本語を「マシンガン」のように話す。日本文化にも精通し、市と報道陣との懇親会では宴席名物の杯のやりとりを演じてみせた▼餅つき大会では自らきねを振り下ろし、周囲に「こうすることでどうなりますか」ともち米の変化の過程を知るのに最適な...

残り 122文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

長崎県の天気予報

PR

開催中

2022酒器展

  • 2022年1月12日(水) 〜 2022年1月24日(月)
  • 福岡三越9階岩田屋三越美術画廊

PR