刑務官がコロナ感染 福岡地裁で裁判員裁判の期日取り消し

 福岡拘置所(福岡市早良区)の20代の男性刑務官が新型コロナウイルスに感染し、その影響で、福岡地裁で審理中の裁判員裁判の期日が取り消されたことが14日、関係者への取材で分かった。

 拘置所によると、13日に刑務官の感染が判明し、濃厚接触者の調査を行っているという。この裁判は被告の男の初公判が12日に...

残り 126文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR