『パワー・オブ・ザ・ドッグ』 〝男らしさ〟問う現代版西部劇

 1920年代の米モンタナ州の牧場。眼前に広がる山々と砂煙が舞う辺境の地に革のズボンをはいたカウボーイが立っている。ベネディクト・カンバーバッチ演じるフィルという名のこの男は、部下たちに遠くに見える丘を指して何に見えるかと尋ねる。

 鋭い眼光で周囲を威圧し、自らこそが男らしさの象徴と言わんばかりの態...

残り 449文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

開催中

新春掛軸展

  • 2022年1月20日(木) 〜 2022年1月26日(水)
  • ギャラリーやすこうち

PR