宮崎県が都城市、三股町に時短要請 コロナ新規感染は142人

 宮崎県の河野俊嗣知事は16日、記者会見し、新型コロナウイルスの感染爆発が特定地域で起きた場合は、「まん延防止等重点措置」の適用要請を視野に国と協議する方針を明らかにした。知事は「医療体制がぜいじゃくな本県では、一歩踏み込んだ対応を取る必要性があると考える」と述べた。

 県は同日、感染が拡大している都城市と三股町の飲食店に対して営業時間の短縮などを要請した。期間は2月2日まで。午後8時までの営業と酒類提供の終日停止をそれぞれ求める。協力金も支給する。

 さらに、宮崎市と延岡市を16日から2月2日まで、「感染急増圏域」に指定し、外出や移動の自粛などを要請する。

 16日の新型コロナウイルスの感染者は142人。入院者数は43人で、病床数(265床)に対する使用率は16・2%。重症者はいない(15日現在)。

(佐伯浩之)

関連記事

宮崎県の天気予報

PR

PR