久留米市長選告示、無所属新人4氏が立候補

 福岡県久留米市長選は16日告示され、元市議会議長の原口新五氏(61)、作曲家の黒岩智行氏(69)、元県議会副議長の十中大雅氏(68)、医師の細川博司氏(62)の無所属新人4人が立候補を届け出た。投開票は23日。

 原口氏を兄の自民県連会長や大久保勉市長が推し、十中氏を衆院福岡6区の自民鳩山二郎氏が支援し、保守分裂となった。現市政の評価や4年連続で浸水被害を受けた街の水害対策などが争点となる。

 有権者数は24万9699人(15日現在、市選管調べ)。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR