立民佐賀県連、犬塚氏の擁立を断念 今夏の参院選

 立憲民主党佐賀県連は16日、今夏の参院選について、2019年の参院選で旧国民民主党が擁立し、野党統一候補として出馬した元職の犬塚直史氏(67)の擁立を断念したと発表した。

 同日あった常任幹事会後の記者会見で、原口一博代表が明らかにした。原口代表によると、今夏の参院選も犬塚氏の擁立を念頭に考えていたが...

残り 132文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

佐賀県の天気予報

PR

PR