「地域でここだけ」つぶせない 天草市病院事業管理者 竹中賢治さんに聞く

【コロナ時代の病院改革 天草から】㊦

 熊本県天草市は、国の「地域医療構想」で再編統合の検討対象となった牛深市民病院を含む市立4病院を存続させる一方、2021年度から総病床数(ベッド数)を計3割減らす改革を行った。そんなぎりぎりの態勢でも、新型コロナウイルス患者の入院を受け入れている。市病院事業管理者として采配を振り、全国自治体病院協議...

残り 2239文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

PR

PR