警戒強める目安、病床使用率35%超 県の対策本部会議が示す

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、県は17日の対策本部会議で、病床使用率が35%、全体の病床に占める中等症の割合が10%を超えた場合に「警戒を強める」とする目安を示した。

 17日時点の病床使用率は25・3%、中等症の割合は2・9%でいずれも下回っている。昨年夏のデルタ株流行時に、病床使用率が5...

残り 99文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

佐賀県の天気予報

PR

開催中

若尾経 青瓷展

  • 2022年5月17日(火) 〜 2022年5月23日(月)
  • 福岡三越9階岩田屋三越美術画廊

PR