県内新たに172人感染 佐世保で学級閉鎖 長崎市は過去最多

 県などは17日、172人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。感染者が3桁になるのは5日連続。長崎市は89人で過去最多となった。

 他の内訳は佐世保市33人、諫早市31人、大村市と雲仙市が4人、時津町3人、壱岐市と長与町が2人、平戸市、松浦市、西海市、川棚町が1人。

 長崎市では市内の飲食店で同日までに従業員5人の感染を確認し、市は新たなクラスター(感染者集団)と認定。長崎みなとメディカルセンターの職員4人、市教育委員会事務局の職員3人の感染も分かった。

 また、既にクラスターと認定されている同市の放課後児童クラブで新たに3人が検査で陽性となり、感染者は計12人に。諫早市でも13日にクラスターと認定された保育園で新たに職員1人、園児8人の感染が分かり、感染者は計36人になった。

 佐世保市の4人は米海軍佐世保基地の従業員。市は複数の感染者が確認された市立学校の1クラスを19日まで学級閉鎖にしたと発表した。

雲仙市議が感染

 雲仙市議会は17日、林田哲幸議員(52)が新型コロナウイルスに感染したと発表した。

 議会事務局によると、林田氏は16日に発熱し、17日に市内の医療機関で検査を受けて陽性が判明した。14日には議会の広報編集特別委員会に出席しており、同席していた議員5人と職員1人も検査を受ける。

 市議会では議員の感染が判明した場合、氏名などを公表するよう申し合わせている。

長崎県の天気予報

PR

PR