熊本県で過去最多608人感染確認 新型コロナ、2人死亡

 熊本県と熊本市は18日、新たに608人の新型コロナウイルス感染を確認し、熊本市の90代女性ら2人が死亡したと発表した。16日の433人を超え、過去最多。県内のコロナ陽性者の死亡例は昨年10月14日以来。

 熊本市は、市内の飲食店で会食したプロ野球選手と球団関係者の男性7人の感染が判明し、クラスター(感染者集団)と判断。同市内で自主トレーニング中だったという。

関連記事

熊本県の天気予報

PR

PR