福岡県は週内に要請も 病床使用率、目安の15%に近づく

 福岡県では、新型コロナウイルス患者の病床使用率が国にまん延防止等重点措置を要請する県独自の目安の15%に近づいており、早ければ週内にも要請が必要な見通しとなっている。県は要請に合わせて、飲食店への営業時間短縮要請など重点措置と同等の対策を前倒しで実施する。

 県の17日時点の病床使用率は9・8%で前日より2・3ポイント上昇。5日前からは4ポイント近く悪化した。18日には新規感染者数が初めて1300人を超えて2日ぶりに過去最多を更新。今後数日のうちに病床使用率が15%に達する可能性が高まっており、県幹部は「推移を注視して機動的に対応したい」と話す。

 県は病床使用率15%が見込まれる段階で「福岡コロナ警報」を発動し、国に重点措置を要請する方針を示している。

 (黒石規之)

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR