首相、地方の要請丸のみ 重点措置13都県追加 前政権を反面教師に

 熊本、長崎など13都県へのまん延防止等重点措置の追加適用方針を固めた岸田文雄政権。新型コロナウイルスのかつてない感染の波に遭っても病床にまだ余裕がある地域があるものの、政権が地方自治体の意向を尊重して「丸のみ」した格好だ。適用要請をたなざらしにして後手批判を招いた菅義偉前政権を反面教師に、素早い対応で経済へのダメージが大きい緊急事態宣言の回避を狙う意図が透ける。ただ感染力が強い新変異株「オミクロン株」の猛威を、重点措置で抑え込めるかは見通せない。

 「感染が急拡大した地域でも病床が逼迫(ひっぱく)する事態になることのないよう都道...

残り 660文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR