田んぼダム、水害の軽減に有効 新潟大・吉川夏樹教授が講演(上)

雨水をゆっくり排水、内水氾濫抑制

 記録的な豪雨が頻発する中、河川氾濫に伴う水害の軽減策の一つとして、水田の機能を活用する「田んぼダム」が注目されている。この分野に詳しい新潟大農学部の吉川夏樹教授(水環境工学)がこのほど、福岡県八女市の住民ネットワーク「矢部川をつなぐ会」主催のセミナーで講演した。内容を2回にわたって紹介する。...

残り 1936文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR