西鉄が「IoT住宅」販売へ 第1弾は福岡市の5戸

 西日本鉄道(福岡市)は今月末から、インターネットにつながった家電や給湯器をスマートフォンで遠隔操作できる建て売りの「IoT住宅」の販売を始める。第1弾として、福岡市南区で開発した5戸にシステムを導入し、1戸当たり5千万円前後で売り出す。

 住宅は「サニーヴィラ大橋駅南2」で、オール電化2戸、電気・ガス併用の3戸を用意。...

残り 217文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

福岡県の天気予報

PR

PR