王会長「他の人の3日分が君たちの1日」 新人視察「プロの自覚」訓示

 ソフトバンクの王貞治球団会長兼特別チームアドバイザー(81)が19日、福岡県筑後市のファーム施設で新人合同自主トレを今年初視察した。練習冒頭の7分超の訓示では「選手でやれる時間は短い。他の人の3日分が君たちの1日だ」などと熱弁を振るった。

 厳しいプロで戦うために、訓示では(1)故障をしない(2)整理して復習(3)自分の考えを持て-の3カ条の実戦的アドバイスも送った。(1)では「この世界は故障をしたら損。体の柔軟性とかをしっかりしないと。準備体操、整理体操をしっかり」と強調した。

 自身も新人の練習を見ながら、左右の手のひらが地面にぴったりと着く前屈を披露。現役時代は2年目の1960年に早くもフル出場し、その後も大きな故障をせずに40歳のシーズンまで打ち続けた。柔軟でけがの少ない体がプロ野球記録の通算868本塁打など数々の大記録を支えた。

 (2)は時間を有効活用するために練習や試合でのプレー内容、コーチの指導など整理した上で次に進む大切さを説いた。(3)では「メインは自分」と自立心と覚悟を求め、訓示では「自分」という言葉を17回も発した。

 ドラフト2位の正木(慶大)も「言葉の重みが違いました。『復習が大事』という言葉が印象に残った」と感銘を受けた。「『俺が一番だ』『この世界で暴れるんだ』みたいな気持ちでやってほしい」。王会長からほとばしる言葉はどこまでも熱かった。 (伊藤瀬里加)

関連記事

PR

PR