点滴をつえに通った母 連載「生涯伴走者宣言」(5)松本麻子

 「強い母だった」と紹介しましたが、実は父が手術をして3カ月たったころ、母が家で倒れたことがありました。胃潰瘍でした。

 真っ青な顔で「気分が悪い。吐きそうだから洗面器を持ってきて」と言われ、渡した途端に吐血。洗面器が二つ、満タンになりました。やっとの思いで救急車を呼び、救急病院に。私も、近くに住ん...

残り 591文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR