横尾忠則の変幻自在な「イメージの泉」 大分県美術館で回顧展

 絵画やグラフィックデザインなど幅広い分野で活躍する美術家、横尾忠則さん(85)の軌跡をたどる展覧会「GENKYO 横尾忠則 原郷から幻郷へ、そして現況は?」が、大分市寿町の大分県立美術館で開かれている。5歳の頃の作品から新作まで約500点が並び、自身の精神世界と世相へ敏感に反応し、変幻自在に表現し...

残り 1236文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR