容器の素材からCO2削減

脱炭素社会へ2050

 化粧品や健康食品などの企画・販売を手掛ける新日本製薬(福岡市)は昨年9月、持続可能な社会の実現に向けた自社の取り組みをリポートにまとめた。具体的な内容や今後の展開、進める上での課題について、後藤孝洋社長に聞いた。...

残り 1266文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

PR

PR