武雄・東川登小の6年生が卒業記念絵付け体験

 佐賀県武雄市立東川登小の6年生15人が20日、近くで小山路窯を開く陶芸家江口勝美さん(85)の指導で、卒業記念となる湯飲みの絵付けを体験した。

 校区内には、桃山時代末期に武雄領主が奨励した武雄古唐津焼の古い窯跡が残る。県重要無形文化財保持者でもある江口さんは、子どもたちに郷土の焼き物文化に親しんでもら...

残り 286文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

佐賀県の天気予報

PR

PR