佐賀県で過去最多の256人感染 吉野ケ里町でクラスター

 佐賀県は20日、10歳未満~90歳以上の男女256人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。1日当たりの感染者数は過去最多だった18日の222人を上回った。新たに吉野ケ里町の放課後等デイサービス「こどもプラス吉野ケ里教室」でクラスター(感染者集団)が発生し、利用者6人と職員2人の陽性が判明した。

 九州電力も20日、玄海原発に勤務する社員1人の感染を公表した。

 また、県は19日に感染を発表した20代男性の居住地を小城市から江北町に訂正した。

 県が20日に発表した256人を年代別にみると、20代57人▽10歳未満と30代が各41人▽40代33人▽10代と50代が各26人▽60代17人▽70代10人▽80代3人▽90歳以上2人-だった。県が確認した感染者数は再陽性も含めて7669人。20日時点の病床使用率は29・9%、宿泊療養施設の使用率は50・3%、自宅療養は726人。中等症が26人いる。 (岩崎さやか)

関連記事

佐賀県の天気予報

PR

PR