佐賀県 大町町の排水機場防水機能を強化へ 

 佐賀県は20日、昨年8月の記録的大雨で被災した大町町福母にある下潟排水機場の防水機能を強化する方針を明らかにした。排水機場に浸水を防ぐ高さ2・3メートルの止水壁を建設するほか、ポンプを2台増設する。防水機能の強化は、2023年度中に完了する見通しだという。

 山口祥義知事が同日、同町の水川一哉町長との...

残り 218文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

佐賀県の天気予報

PR

PR