ビーツに染まる【食べる本、読む料理 川野里子32】

 チェーホフの短編「かわいい女」は皮肉な小説だ。自分の考えを持たず、結婚した相手に染まる<かわいい女>オーレンカ。彼女は遊園地の経営者と結婚すればエンターテインメントや芸術が大事になり、材木屋の夫と結婚すれば材木が人生で最も大事なものになる。獣医と親しくなれば家畜の健康の大事さを語るという具合だ。...

残り 712文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR