北九州市で過去最多413人感染、高齢者施設などでクラスター

 北九州市は21日、新たに413人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。19日の402人を上回り、過去最多を更新した。高齢者施設や病院で新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が4件発生したとみられることも明らかにした。

 八幡西区の住宅型有料老人ホーム「いこいの里本城弐番館」と戸畑区の介護老人保健施設「牧山いわき苑」、八幡西区の特別養護老人ホーム「もみじ苑」では入所者やスタッフ数人の感染が確認され、併設のデイサービスショートステイを休止するなどした。小倉南区の東和病院では入院患者5人、スタッフ3人が感染し、19日から一部フロアの入退院を中止している。

 市はまた、聖愛保育園(八幡西区)が20日から、熊西保育園(同区)とこじか幼稚園(同区)が21日から、石原幼稚園(小倉南区)と愛の園保育園(小倉北区)が22日から、いずれも当面、休園すると発表した。 (後藤希)

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR