コロナが阻む核軍縮議論 焦る被爆者「生きている間に」 核禁条約発効1年 

 核兵器の開発から使用まで一切を禁止する核兵器禁止条約の発効から22日で1年。これまでに59カ国・地域が条約に批准したが、核保有国間の緊張の糸は緩まず、新型コロナウイルスの影響で核軍縮の国際的な議論は停滞したままだ。被爆者の平均年齢は83・9歳。「生きている間に、核のない世界の実現を」と願う被爆者、被爆地は焦る。...

残り 994文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

長崎県の天気予報

PR

PR