ヤマト、24年から輸送に貨物機導入 日航傘下が運航、北九州空港も活用

 宅配便大手のヤマトホールディングス(HD)は21日、地方と首都圏を結ぶ長距離輸送の手段として、貨物専用の航空機を導入すると発表した。2024年4月から、北九州など地方3空港と、羽田、成田の両空港を往復する。働き方改革に伴う長距離トラックの運転手不足に対応するのが狙い。ヤマトHDが、貨物機を導入する...

残り 733文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

福岡県の天気予報

PR

PR