宇宙港活用で包括連携協定 国東市など3者

 大分空港の宇宙港活用に期待が広がる中、大分県内企業などが会員の一般社団法人おおいたスペースフューチャーセンター(大分市)、県信用組合(本店・大分市)、空港がある国東市の3者は20日、宇宙港活用に伴う包括連携協定を締結した。国東市役所での調印式で三河明史市長は「宇宙関連産業の発展につなげていきたい」と期...

残り 266文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

大分県の天気予報

PR

PR