世論、核保有国への圧力に RECNAの中村桂子准教授が意義語る

 核兵器禁止条約の第1回締約国会議は3月22~24日にオーストリアで開かれる予定。長崎大核兵器廃絶研究センター(RECNA)の中村桂子准教授によると、締約国会議では核実験を含む被爆による被害者救済と環境修復、核廃絶の検証体制などの枠組みづくりが議題となる見込み。核廃絶を世界に訴える共同声明の作成など...

残り 426文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

長崎県の天気予報

PR

PR