トンガ沖噴火、鹿児島など10県で水産被害

 南太平洋・トンガ沖の海底火山で起きた大規模噴火を巡り、水産庁は21日、全国の水産被害の状況を発表した。津波や急激な潮位変化により、鹿児島、宮崎の両県でいけす内の魚が大量死するなど、太平洋沿岸の計10県で被害が確認されている。漁業関係者の人的被害の報告はないという。

 水産庁の集計(20日午後2時時...

残り 468文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

宮崎県の天気予報

PR

PR