『怖い家』 ジョン・ランディス編

 複数の作家の小説を一つのテーマでまとめた「アンソロジー」の魅力は編者が誰かで左右される。マイケル・ジャクソンの音楽ビデオ「スリラー」を撮った映画監督ジョン・ランディスが「幽霊屋敷」を題材に選んだ小説集と聞けば、ホラーファンなら興味が湧く。

 恐怖と笑いが融合した映画「狼男アメリカン」の監督らしく、...

残り 268文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR