入園者がいる限り…海を渡った日本人女性に寄り添うことが「使命」

【カギョ 日韓をつなぐ人】

慶州ナザレ園の園長 宋美虎(ソン・ミホ)さん(71)

 太平洋戦争前後に朝鮮半島出身の男性と結婚し海を渡った日本人女性を、半世紀にわたって保護してきた福祉施設「ナザレ園」。韓国東南部の慶州市にある、この施設で40年近く住み込みで働き、身寄りを失うなどした女性たちと寝食を共にしてきた。

 きっかけはソウルで神学の大学院に通っていた1983年。...

残り 736文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR