「風邪と変わらない」のか 医師が現場で見たオミクロン株、油断できない特徴

 新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」は無症状や軽症が多いとされるが、実際はどうなのか。コロナの初期段階から患者を診てきた九州の医師に尋ねると、現場の実感としてオミクロン株による症状は「ほとんどが軽症」「風邪と変わらない」とうなずいた。ただ、今は若者中心の感染が高齢世代にも広がれば、重症化する人も増える恐れがあり、油断しないよう呼び掛けている。

 「これまでと全く違う。風邪症状の人がほとんど。インフルエンザの軽いものと言ってもいい」。「まん延防止等重点措置」が適用された長崎県内の患者の症状を、日本感染症学会理事の迎寛・長崎大教授はこう表現した。

 県南部の患者については、同大病院の医師が入院が必要かどうかを判断する仕組み。患者の大半が無症状か、症状があっても発熱や咽頭痛、鼻汁、関節痛などの軽症という。これまで特徴的だった嗅覚や味覚障害はほとんどない。20日現在、県内の入院患者139人のうち人工呼吸器が必要な重症者はいない。

 病床使用率が比較的低い福岡県も状況は似ている。30床中20床が埋まっている九州医療センター(福岡市)でも、入院しているのは妊婦や乳児、透析患者など。喉の痛みで食事ができず、点滴を打っている人が多い。野田英一郎・救命救急部長は「軽症が9割以上で、治療は解熱剤や点滴などの対症療法が中心。入院は増えてきたが、医療現場への負荷は以前ほどではない」。

 ただ心配なのは、感染者が増え続けること。流行が先行し、人口当たりの感染者数が最多の沖縄県では、新規感染者数に占める60代以上の高齢者の割合が徐々に上昇。今月1日の週が6・5%、8日の週8・2%、15日の週14・2%といった具合だ。長くゼロが続いた重症者数も20日までに6人になった。

 無症状や軽症が多いため本人が感染に気付かないまま、感染を広げている可能性もある。高齢者にも及べば重症者が増えて、医療逼迫(ひっぱく)につながりかねない。

 現に長崎大病院ではこの1週間で入院患者が倍の11人に増え、高齢者や基礎疾患のある2人が肺炎で酸素マスクが必要になった。迎教授は「多くは軽症でも、感染者が増えると悪くなる人が一定数出てくるので、甘く見ないでほしい」。感染対策の徹底と3回目ワクチンの早期接種が必要だと指摘する。

 重症化予防の切り札とされた抗体カクテル療法の点滴薬「ロナプリーブ」は、オミクロン株には効きが悪いとして厚生労働省は推奨していない。もう一つの点滴薬「ゼビュディ」(ソトロビマブ)や自宅療養者にも処方できる飲み薬「ラゲブリオ」(モルヌピラビル)は供給量が少ないなど懸念もある。

 野田医師は「少しでも体調が変だと感じたら、とにかく家にとどまってほしい」とし、会社や学校に休みやすい態勢を整えるよう求める。症状がひどい場合は、電話をしてからかかりつけ医などの医療機関にかかるよう勧めている。

 (下崎千加)

PR

PR