「ミャンマーを注視して」ジャーナリスト北角さん、福岡市で講演

 国軍がクーデターで全権を握ったミャンマーで、2度にわたり国軍に拘束されたフリージャーナリスト北角裕樹さん(46)の講演会が22日、福岡市中央区のふくふくプラザで開かれた。日本とゆかりの深いミャンマーに対し、今、日本から何ができるかを考えるため、福岡在住のミャンマー人とその支援者でつくる「福岡・ミャンマー友だちの会」(松本敏秀代表)が企画。...

残り 294文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR