SDGs達成への道のり、カードゲームで学ぶ 福岡市でワークショップ

 九州の地元企業の幹部社員らでつくるNPO法人「九州・アジア経営塾」(KAIL)が、持続可能な開発目標(SDGs)をカードゲームで学ぶワークショップを福岡市博多区で開いた。会員約20人が参加し、環境や貧困などの問題の理解を深めた。

 SDGsは2015年に国連で採択され、教育やエネルギーなど17の目標を掲げている。...

残り 180文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR