第166回芥川賞、直木賞 奥泉光さんと浅田次郎さんが振り返る選考経過

 19日に選考会が開かれた第166回芥川賞、直木賞(日本文学振興会主催)は、芥川賞が砂川文次さん(31)の「ブラックボックス」に、直木賞が今村翔吾さん(37)の「塞王(さいおう)の楯(たて)」と米沢穂信さん(43)の「黒牢城(こくろうじょう)」に決まった。芥川賞選考委員の奥泉光さん、直木賞選考委員の...

残り 1902文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

PR

PR