九工大体育館を産学官の研究拠点に 学生と企業つなぎアイデア創出

 九州工業大(北九州市戸畑区)は、使われなくなった体育館を改修し、産学官の研究交流拠点「GYM LABO」として生まれ変わらせるプロジェクトを進めている。館内には勉強机や会議スペースを設置し、研究室を越えた交流を可能にするほか、学外会員も利用できるように。民間企業用のレンタルオフィスも用意し、4月にも完成させる予定だ。

 プロジェクトは創立110周年(2019年)記念事業の一環。同大では、研究室や学生活動で優れた成果を生み出してきた一方、それが共有できていないという課題があった。...

残り 634文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

開催中

若尾経 青瓷展

  • 2022年5月17日(火) 〜 2022年5月23日(月)
  • 福岡三越9階岩田屋三越美術画廊

PR