がん患者のウィッグや下着、費用助成 福岡市が支援策

 福岡市は2022年度から、がん治療に伴い、髪が抜けた人のための医療用のウィッグ(かつら)や、乳房を切除した人が使う下着などの購入費用を助成する方針を固めた。経済的な負担を軽くすることで、外見の変化を気にすることなく治療と社会生活の両立を図れるように後押しするのが狙い。22年度の一般会計予算案に関連経費を盛り込む。関係者への取材で24日、分かった。...

残り 246文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

福岡県の天気予報

PR

PR