禁断の胡瓜【食べる本、読む料理 川野里子34】

 もし、ある日胡瓜(きゅうり)が世界から消えてなくなったらどうなるだろう?トマトがなくなればイタリアでは大騒ぎになるだろうし、ケチャップやトマトの缶詰の会社が潰(つぶ)れる。じゃが芋がなくなっても世界は大騒ぎだ。ハンバーガーの店では付け合わせがなくなり、ドイツでは主食が消え、ポテトチップスのない世界...

残り 733文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR