国家プロジェクトの韓国 関連施設を釜山に集約へ 常設アーチに見た本気度

梁木靖弘さん寄稿【さらば、アジアフォーカス 映画祭の回想27】

 ディレクターとして2年目、2008年の映画祭。毎年そうだが、忙しすぎて本番の記憶はほとんどない。当時の手帳をめくっていたら、4月27日から29日まで、韓国映画選定のため西谷郁氏と韓国ソウルのKOFICに出張したとある。KOFICはコリアン・フィルム・カウンシル(大韓民国映画振興委員会)の略語で、コ...

残り 1310文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

PR

PR