木像内部探検、遺跡〝発掘〟VRで「本物の臨場感を」九歴で新たな試み

 福岡県小郡市の九州歴史資料館(九歴)に仮想現実(VR)技術を使って木像の内部を探索したり、遺跡の発掘現場を体感したりできる体験型展示「九歴VR」が登場した。九歴が調査で使う3次元計測装置で撮った県内の遺跡や遺物の映像を活用した試みで、担当者は「本物と寸分たがわない臨場感を味わってほしい」と話す。

...

残り 485文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR