いつの世も、仲間と共に「かっぽ鶏」宮崎県高千穂町 

 1月初旬、宮崎県北の山間部、高千穂町のなじみの民宿「神楽の館」で、久しぶりに当地の友人たちと囲炉裏(いろり)を囲んだ。

 この宿は、有志9軒でつくった「五ヶ村むらおこしグループ」が、隣町の古民家を移築して設けた。町外からの宿泊客だけでなく、町内の若者と高齢者のつどいの場、夜神楽をはじめとする生活文...

残り 723文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR