玄海原発の工事火災はケーブル損傷が原因か 安全協で九電説明

 九州電力玄海原発の運転状況や周辺環境調査の情報を自治体や農漁業団体などで共有する「佐賀県原子力環境安全連絡協議会」が26日、玄海町の町民会館であり、九電が玄海原発の工事現場で発生した火災の原因などを説明した。

 知事や玄海町長、唐津市長、伊万里市長ら関係者約20人が出席。九電は3、4号機のテロ対策施設...

残り 323文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

佐賀県の天気予報

PR

PR