谷口と植田の「大津コンビ」零封決意 森保ジャパン27日中国戦

 サッカー日本代表は27日、埼玉スタジアムで中国とのワールドカップ(W杯)カタール大会アジア最終予選に臨む。主将の吉田(サンプドリア)=長崎市出身=と冨安(アーセナル)=福岡市出身=の両センターバックをけがで欠く中、26日は会場で最終調整。森保監督は「たくさんいい選手がいる。総合力で勝利をつかむ」と誓った。

 代役として意気込むのが熊本・大津高出身の谷口(川崎)と植田(ニーム)だ。昨年6月の国際親善試合でコンビを組み、セルビアを無失点に抑えた。今冬の全国高校選手権で初めて準優勝した母校に刺激を受ける2人。植田は「自分も、もっとやらなきゃという思いにさせられた」と意気込めば、谷口も「初心を思い出させてくれた。後輩への感謝を力に変える」と「大津魂」で日本の危機を救う覚悟を示した。

 (末継智章)

関連記事

熊本県の天気予報

PR

PR