長崎県知事選、公明が自主投票決める

 公明党は27日、長崎県知事選(来月3日告示、20日投開票)について、自主投票とすることを決めた。4選を目指す現職の中村法道氏(71)と新人で元厚生労働省医系技官の大石賢吾氏(39)が推薦願を出していた。

 知事選を巡っては、自民党県連が大石氏を推薦する一方で、中村氏を支援する同党県議や支持団体もあり、分...

残り 44文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

長崎県の天気予報

PR

PR