石木ダム 揺れる必要性、対話「棚上げ」

【長崎県知事選・問われるかじ取り③】

 川魚が泳ぎ、野鳥がさえずる-。トタンでできた古びた平屋の一室には、豊かな里山が広がる石木川流域を描いた販売用のカレンダーや缶バッジなどが並ぶ。石木ダム建設が進む川棚町の川原地区。ダム堤の予定地直下に立ち、半世紀近く反対住民らの拠点となってきた通称「団結小屋」は昨年、住民でイラストレーターの石丸穂澄...

残り 1114文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

長崎県の天気予報

PR

PR