新たに575人が感染 病院など3ヵ所でクラスター

 長崎県などは28日、新たに575人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。新たなクラスター(感染者集団)は病院など3カ所で発生が確認された。

 内訳は、長崎市251人、佐世保市131人、諫早市63人、島原市24人、大村市、長与町各21人、時津町16人、雲仙市11人、南島原市9人、東彼杵町5人、平戸市、松浦市、佐々町各4人、川棚町、波佐見町各3人、西海市、壱岐市各2人、対馬市1人。

 28日までに雲仙市の通所介護事業所で利用者と職員計36人、長崎市の長崎掖済会病院で患者と職員計17人、佐世保市の佐世保共済病院で職員と患者計8人の感染が確認され、いずれも新たなクラスターと認定された。

 既にクラスターが判明した佐世保市水道局で新たに職員1人、時津町の私立青雲中で新たに生徒4人の陽性も判明した。

 また佐世保市は27日公表した感染者のうち1人が「疑似症」だったとして取り下げた。

 長崎市の四つの市立小中学校が28日に休校し、うち1校は31日も休校とする。佐世保市の市立学校7校10学級は28日に閉鎖となった。

 また米海軍佐世保基地は17人の感染を発表した。

関連記事

長崎県の天気予報

PR

PR