オスプレイ予定地対策、夏までに提示か 国や漁協、初の意見交換会

 陸上自衛隊の輸送機オスプレイ佐賀空港配備計画を巡り、佐賀県有明海漁協と県、防衛省による意見交換会の初会合が28日、県庁であった。終了後に記者団の取材に応じた県の進龍太郎政策部長は「6、7月までには漁協が求める三つの条件について、防衛省が何らかの報告をする」と述べた。

 会合は進部長や防衛省の担当課長...

残り 226文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

佐賀県の天気予報

PR

PR