「こんな大統領選なかった」政策論争なき大接戦、韓国有権者の本音は

 3月9日投開票の韓国大統領選は、革新系与党「共に民主党」の李在明(イ・ジェミョン)前京畿道知事と、保守系最大野党「国民の力」の尹錫悦(ユン・ソクヨル)前検事総長が競り合う構図となっている。両陣営は大接戦から抜け出そうと、相手候補や家族の不祥事、欠点探しに血道を上げ、政策論争はかすみがち。革新地盤の南西部・光州市、保守地盤の南東部・大邱市を訪ね有権者の声に耳を傾けると、支持する政党や公認候補への複雑な思いが垣間見えた。(光州、大邱で、池田郷)...

残り 2650文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR