『ボランティアと有償ボランティア』安立清史著 本質再考のための論争的な書

 タイトルを見て日本にNPOとボランティアを定着させようとしてきた安立さんの「三つ児(ご)の魂」を感じて、一気に読んだ。

 ふしぎなタイトルだ。「無償ボランティアと有償ボランティア」ならわかるが、バランスが悪い。「ボランティア」と書くのはわざわざ「無償」というまでもない、ボランティアは無償だという前...

残り 777文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

開催中

能meets博多

  • 2022年6月26日(日)
  • リノベーションミュージアム冷泉荘 B棟1階 2コ1多目的スペース

PR