【やさしい日本語】梅(うめ)の  花(はな)が  きれいに  咲(さ)く  季節(きせつ)に  なった

いま、  福岡ふくおかけん  久留米市くるめしの「梅林寺ばいりんじ」で、うめの  はなが  とても  きれいです。

てらの  にわには、30種類しゅるいぐらいの  うめの  が500ほんも  あります。

あかや  しろや  ピンクの  はなが  いていて、「メジロ」という  とりも  んできます。

てらの  にわは  むかし、おはかが  ある  場所ばしょでした。

にわに  える  ときに、まちの  ひとたちが  うめの  を  おくったそうです。

どうして  さくらでは  なくて、うめにしたのでしょうか。

日本にっぽんでは、さくらが  くと  みんなで  あつまって  おさけや  食事しょくじを  たのしみます。

ですから、てらの  ひとが、みんなが  さわがないように  うめにしたという  はなしも  あります。

うめの  はなは、3がつの  はじめぐらいまで  きれいに  いているそうです。

てらの  ひとは「風邪かぜや  新型しんがたコロナウイルス(COVID-19)に  をつけながら、うめを  たのしんでほしいです」と  はなしました。

 

もとの  記事きじは  こちら

関連記事

PR

PR