カネミ油症3者協議 「認定患者の食事代補助を」

 西日本一帯で1968年に起きた食品公害「カネミ油症」に関し、患者と国、原因企業のカネミ倉庫(北九州市)による「3者協議」が26日、オンライン上で開かれた。患者団体は、入院している認定患者の食事代に対する補助を求めた。

 協議は非公開で、国や患者団体によると、入院中の食事代補助に関して国側は「患者団体とカネミ倉庫で話し合ってほしい」と回答。...

残り 201文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

福岡県の天気予報

PR

PR